健康診断でレントゲンの異常を指摘されたら。

健康診断のレントゲン写真(胸部)で異常を指摘されたら。

異常の種類(結節影、腫瘤影、浸潤影、索状影など)にもよりますが、胸部CTが必要な場合が多いです。

受診される際はできれば健康診断の日のフィルムを持参していただくと、より正確な診断につながります。 (過去のフィルムもあわせて持参されますと、なおよろしいです。)

会社の総務課など健康診断の担当者や検診実施機関に問い合わせていただくと入手可能な場合が多いようです。

▲このページのトップに戻る